投資で企業をサポート!ソーシャルレンディング人気企業Ranking

トップ > ソーシャルレディングについて > 大きな規模で行われるソーシャルレンディング

大きな規模で行われるソーシャルレンディング

大掛かりに実施されるソーシャルレンディングの取り組みは、成立するケースが多くなり始めていると捉えられています。
幅広い分野でこの特徴が際立っていると考えられており、融資を希望する人と投資をする人たちとの関係が綿密に保たれていると評価されています。
ここ数年は、こうした融資の在り方が浸透していると認識され、話題のひとつとして取り上げられています。
そのため、ソーシャルレンディングがスタンダードに展開され、希望する形式でお金の調達を実践する人の存在が増大する契機のひとつとして取り上げられていると考えられています。
ソーシャルレンディングの事例自体が多くなってきているとも考えられ、その中で大規模な融資の割合が増していると推測されています。
そのため、今後もこの形式で融資が大規模に実現される可能性が増すのではないでしょうか。



ソーシャルレンディングによる資産運用のメリット

ソーシャルレンディングによる資産運用を行うメリットとしては、次のような内容が挙げられます。
まずは少額からの投資が可能であるという点です。
運営会社や案件によって最低投資額は異なりますが、中には1~5万円からの投資が可能なケースも少なくありません。
少額投資であれば初心者でも手軽に始めやすくなります。
また、少額で様々な案件に投資を行えば、貸し倒れのリスクを最小限に抑えることにも効果的です。
次に高い利回りを期待することが出来る点です。
ソーシャルレンディングで平均5~8%程度の利回りの案件が多く、中には10%という高利回りの案件を用意している運営業者もあります。
これは銀行の定期預金よりもはるかに高い利回りなので、非常に効果的な資産の運用を行うことが可能になります。
最後に株式投資のように日々、株価の上がり下がりを気にすることがないので、一度投資すれば比較的心穏やかに運用を行うことができるという点もあります。



ソーシャルレンディングの分散投資の注意点

一般的にどのような資産運用をする場合もリスク対策として重要なのが分散投資です。
この原則はソーシャルレンディングについても同じですが、特にソーシャルレンディングへの投資では、次のような点に注意する必要があります。
現在国内のソーシャルレンディング運営会社が取り扱っている案件の多くは、不動産関連の案件が中心になっています。
そのため、単に異なる運営会社に投資金額を分散したとしても、結果的には不動産案件ばかりに投資を行ってしまう傾向があります。
もちろん、運営会社ごとに取り扱っている物件は異なっているので、多少のリスク分散効果はあるでしょうが、仮に不動産市場全体が不況に陥った場合には、分散投資していたとしても不動産系ファンドであることによって、共通のリスクが生じてしまう可能性が高くなります。
つまりいくら分散投資をしているといっても、リスク回避の効果は十分ではない可能性があるという点に注意することが大切です。

次の記事へ

カテゴリー