投資で企業をサポート!ソーシャルレンディング人気企業Ranking

トップ > ソーシャルレディングについて > ソーシャルレンディングは救世主

ソーシャルレンディングは救世主

資金調達はどんな企業でも死活問題となっている課題です。
銀行がなかなか貸してくれないようになっていますから、非常に悩ましい問題となっていることでしょう。
大企業はともかくして、中小零細企業がここ最近になって資金調達の方法として注目しているのがソーシャルレンディングです。
これは貸したい人と借りたい人をネットを介することで結びつける金融サービスであり、海外で生まれた発想です。
ダイレクトに、というよりは仲介する業者があり、そこが投資案件として問題ないのかどうかを精査することになっています。
貸し手としても一々財務関係云々、事業の信憑性などを調べている暇などないですから、そのあたりはサービス提供業者がやるようになっています。
とにかく大きな利点としては銀行などより早く借りることができる、融資を受けられる点であり、資金調達が厳しい企業の救世主的な役割を果たしています。



ソーシャルレンディングの仕組みを考えましょう

ソーシャルレンディングとは融資が必要な企業を、投資家がインターネットで探し融資先するサービスです。
融資が必要な企業と投資家を結びつけるソーシャルレンディング事業者はインターネットを利用することで、無店舗事業のように人件費、賃借料などの必要経費を削減し、経費負担の軽減を企業や投資家に還元できることになります。
つまり、一般的な店舗型事業に比べて利益が発生しやすい体質であるというメリットを生かし、企業には低金利での融資、投資家には高利回りの投資商品という形で利益を還元できるわけです。
しかし、融資先は様々です。
リスクが全くないとは言い切れません。
投資家はインターネットで投資先を選ぶことができますが、どうしても高金利に目が向きます。
ですから、しっかり投資先を確認することが必要と言えます。
投資先を考えるときには利回りも重要ですが、安全性の確認も必要だと言って良いでしょう。
一般的には大きな利益を得られる融資先は失敗するリスクも高いと言えます。
利益とリスクの関係を考えておくことが重要です。



オークション型のソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングには色々な方式がありますが、オークション型というのもあります。
これは融資を希望する側、つまりは借り手がその融資して欲しい目的、事業性や内容、信用度をコミュニティ内でプレゼンします。
それを見て貸し手側は判断わすることになります。
この方式自体は珍しいものではないわけですが、特徴なのは利率を決めるやり方です。
これがオークション形式になっています。
つまり貸し手側による入札が行われることになります。
当然、最も金利が安かった人から借りるわけです。
これは一人とは限らず、融資して欲しい額が埋まるまでやるのが一般的です。
さらに特徴的なのは借り手の目的やバッグラウンドなどは知れるのですが個人情報などが一切公開されないのでややリスクが高めに見えることでしょう。
重要なのはコミュニティ内でやることであり、仲介している業者、場を提供しているものはそれを把握していますから、心配無用です。

次の記事へ

カテゴリー