投資で企業をサポート!ソーシャルレンディング人気企業Ranking

トップ > ソーシャルレディングについて > ソーシャルレンディングの特徴的な部分

ソーシャルレンディングの特徴的な部分

日本のソーシャルレンディングは匿名組合というシステムをとっていることが多いです。
そもそも融資をするときには相手のことをしっかりと調べることになります。
どんな事業をするための資金がほしいのか、やろうとしている人はどんな経歴なのか、財務状態はどうなのか、といったことです。
銀行融資などで物凄く時間がかかるのは、このあたりのことをかなりしっかりと調べてリスクが高そうと判断できる部分があればかなり厳しく突っ込むからです。
その上で融資しない、というのもざらにあります。
もちろん、ソーシャルレンディングで融資を募集しても何も確実に融資をしてくれる人が見つかるわけではないですが、銀行融資などを断られた場合でも可能性はあるわけです。
それだけでも十分にメリットがあり、そして個人間の資金の需給を結び付けられている部分は特徴であるといえるでしょう。



ソーシャルレンディングのリスクとリターンとは

ゼロ金利政策なども相まって個人が銀行などの金融機関にお金を預けていてもほぼ無意味な程度の金利しかもらえないようになっています。
ですから、少しでも儲けることができる投資先はないのか、と多くの人が探しているわけですが、その先としてソーシャルレンディングが注目されています。
ネットを介して融資が欲しい人と融資をして金利収入を得たい人を結びつけることができる金融サービスであり、その市場は年々増加しています。
リスクも決して低いとはいえないので金利も高めであることが貸し手としては魅力です。
リスクは高目でもリターンが大きいのであれば不満はないと考える投資家は意外と多いです。
借り手としてもやや金利は高めになるわけですが、それでも銀行以外からの融資を受けることができる、しかもかなり融資までの時間が早いとなりますから、メリットは大きいです。



ソーシャルレンディングの可能性

雑誌やテレビなどでもたびたび特集されていることから、注目が高まっているソーシャルレンディング。
高い利回りを誇っていることでの知られています。
口座を作ることで、その口座に資金を預けることができるようになります。
そして、その預けられた資金がプロの手によって運用されます。
資金が運用されることで利益が発生します。
利益は預けた資金の利子として、還元されるというシステムです。
高い利回りから話題を集め、利用者がどんどん増えていっている状態にあります。
さらには、オリンピックなどのビックイベントが控えているため、まだまだ経済動向が上昇していくことが予想されています。
そのため、積極的な資産運用を考えている人の割合が増えてきています。
今後も利用が広がっていき、ソーシャルレンディングはメジャーな資産運用法になっていきます。

次の記事へ

カテゴリー