投資で企業をサポート!ソーシャルレンディング人気企業Ranking

トップ > ソーシャルレディングについて > ソーシャルレンディングのリターンとリスクを知ろう

ソーシャルレンディングのリターンとリスクを知ろう

 ソーシャルレンディングはリスクも少なく大きなリターンを得れる投資として人気になっています。銀行の貸し渋りを背景に、中小企業の経営者の方も、資金調達先としてのソーシャルレンディングに興味を持つ方が増えています。
 立ち上げ当初のベンチャーや中小企業の経営者の方は、資金調達をするにしても、実績や信用も少なく、融資の依頼をするのも難しいのも実情です。ソーシャルレンディングは、事業資金が枯渇している経営者と高利回りな投資商品を求める投資家を結ぶ、新しい金融商品として注目を集めています。

 ソーシャルレンディングに興味を持つ投資家の方の多くが懸念をしていくのは、企業に対する資金の貸付という点による貸倒のリスクでしょう。自分の投資資金を貸付、貸付先の企業が倒産した場合には、自己資金が消失してしまう可能性もあるからです。
 ソーシャルレンディング業者も、その辺のリスクヘッジは行っていて、貸付時に、連帯保証人の提示を求めたり、担保の提供を求めるようになっていますので、さほどのリスクもなく投資を行える金融商品になっていますので、初めての投資の方も不安なく始めることが出来るようにはなっています。

 株式やFXに比べ、大きなリスクもなく、手軽に始めることができ、短期間での資産構築を実践していくことが出来るソーシャルレンディングであれば、自分の資金の効率良い運用先を探している投資家の方にも、確実に利益を得ることが出来る魅力的な商品になっていくはずです。
 長期金利の低迷と、銀行の貸し渋りという背景をもとに、今後もソーシャルレンディング市場は急速に浸透していくことが見込まれます。3ヶ月単位という、短期間での運用を行うことができ、着実な資金運用を実現させていけるソーシャルレンディングでならば、他の投資商品よりも確実に自分の資産を増やしていくことが出来るようになります。
 投資信託のように、実際に運用している対象がどのようなものかイメージをつかめないものとは違い、ソーシャルレンディングの場合には、企業への貸付という明確な対象がありますので、損失が発生していくリスクも少なく、安心して投資を実践していくことが出来るようになっています。
 仕組みとしてはベンチャーキャピタルに似てはいますが、株式公開等を検討することもなく、中小企業の経営者の方も不安なく利用することができ、着実な運用資金の調達を実現していくことができます。
 定期預金に預けても大きな利益を得る見込みが無い現状では、ソーシャルレンディングへの投資ほど確実な利益を実現できる投資も無いはずです。確実な資産運用を実践していきましょう。

次の記事へ

カテゴリー