投資で企業をサポート!ソーシャルレンディング人気企業Ranking

トップ > ソーシャルレディングについて > ソーシャルレンディングで資金調達の幅が広がる

ソーシャルレンディングで資金調達の幅が広がる

ソーシャルレンディングというのは、ネットを介してお金を借りたい人とお金を貸したい人とを結びつける、新しい金融システムのことです。
今までは、お金を借りようとするなら、まずは銀行に行くのが普通でした。
事業計画書を作って、儲かると感じてもらえたら出資してもらえる、というのが普通だったわけです。
また、他には株式市場で資金調達をするという手法も一般的でした。
ただ、株式市場にはある程度規模の大きな会社しか参加はすることができませんから、中小企業やベンチャー企業は資金繰りに苦しむケースも見受けられました。
そうした状況が、ソーシャルレンディングの登場で変わりつつあります。
弱小企業でも、個人事業主でも、その気になればネット上で資金調達ができるようになりました。
貸し渋りの問題などがニュースでも取り上げられていましたが、ソーシャルレンディングの発達によって、そうした問題は解消されつつあるのが現状です。



投資手段としておすすめのソーシャルレンディング

新しい投資方法としてソーシャルレンディングが注目されています。
この投資方法には様々なメリットがあるため、少額からでも利用してみることをおすすめします。
自分の資金を新たな事業の立ち上げなどに有効活用することができ、少額からでも投資することが可能です。
投資期間は3ヶ月から1年のものが多く、短期間からでも投資することができます。
分散投資が可能で、注目されているソーシャルレンディングサイトを利用すれば、事務手数料は無料で利用することができます。
またこのサイトでマッチングされているのは独自の審査をクリアした事業性資金だけであるため、安心して申し込むことができます。
ローンファンドの運用利回りは5パーセントから8パーセントと高く設定されており、投資可能金額は低いものであれば2万円から投資することができるようになっています。



ソーシャルレンディングで起業家を応援しよう

日本を取り巻く環境は、日に日に厳しさをましてきています。
国内においては少子化や高齢化が進んできており、その事が多くの影響をもたらしてきています。
特に大きなことは多くの人たちに将来に対する不安感を強く抱かせるようになってきたことです。
この事は消費意欲の減退にも繋がってきており、早急な改善が望まれています。
その反面、少しずつですが景気が回復傾向にあることも事実です。
企業業績が回復している業界・業種もありますし、積極的な事業展開を行う企業も増えてきています。
そんな企業の多くが大手企業となっており、まだまだ中小零細企業にとっては厳しい状況にはかわりません。
またベンチャー起業家にとっても実績がないために、資金集めには苦労しているそうです。
そんな起業家を応援する仕組みのひとつがソーシャルレンディングになります。
投資家にとっては、利益をあげることと共に、起業家を育てる意味で投資する人たちも多いそうです。

次の記事へ

カテゴリー